マンションのリフォームとは?

マンションのリフォームについて@

一定のマンションのリフォームも
住宅ローン控除の対象になります。

 

これは、区分所有建物であるマンションなどのうち、
その人が区分所有している部分の床、階段、壁の
過半について行う、一定の修繕・模様替えの工事が、

 

住宅ローン控除の対象になっている
増改築等になるからです。

マンションのリフォームについてA

ちなみに、
単なる壁紙の張り替えや
壁の塗装のみといった内装工事は、
「修繕や模様替え」にはなりません。

「一定の修繕・模様替え」とは?

これは、以下のようなものをいいます。

 

@区分所有する部分の床の修繕又は階段(屋外階段を除く)の過半について行う修繕や模様替え

 

この場合の「床の過半の修繕や模様替え」というのは、
フローリング床の張替えや畳床から
フローリング床への張替えで
全床面積の半分以上の工事などのことをいいます。

 

A区分所有する部分の間仕切壁の室内に面する部分の過半について行う修繕や模様替え(注1)

 

(注1)その間仕切壁の一部について位置の変更を伴うもののみです。

 

この場合の「間仕切壁の一部について位置の変更」というのは、
間仕切壁の一部の位置を変えたり、
取り外したり、新設する工事のことをいいます。

 

B区分所有する部分の壁(注1)の室内に面する部分の過半について行う修繕や模様替え(注2)

 

(注1)建築物の構造上重要でない間仕切壁を除きます。

 

(注2)その修繕や模様替えに係る壁の過半について遮音や熱の損失の防止のための性能を向上させるもの(注3)のみです。

 

(注3) 「遮音のための性能を向上させるもの」というのは、遮音性能を持っている石畳ボード、グラスウール、遮音シートなど特定の材料を新たに使用し、かつ、そのための適切な施工がされているもののことで、「熱の損失の防止のための性能を向上させるもの」というのは、一定の算式によって算定した熱伝達抵抗のその工事後の値が工事前よりも高くなるもののことです。

 

スポンサーリンク