住宅購入時の税金は?

住宅購入時の税金について

住宅を購入する際には、
売買契約を交わしたときや、
不動産登記をしたとき等
それぞれの場面で様々な税金がかかっていきます。

 

ここでは、そのような場面で
どのような税金が
どれくらいかかるのかについてみていきます。

売買契約について

売買契約のときには
売買契約書を取り交わしますが、
この際に
売買価格に応じた印紙税がかかります。

 

この印紙税は、契約書に貼付して納付します。

 

また、建物については、消費税がかかりますが、
土地については消費税はかかりません。

不動産の取得・登記について

まず、不動産取得税が
家屋や土地の売買、建築・増改築により
不動産を取得した人にかかります。

 

不動産取得税の課税額は、

 

課税額=不動産の課税標準率×税率

 

ですが、この税率部分については、
平成18年4月1日から平成21年3月31日までに
住宅や土地を取得した場合の税率は3%で、

 

平成18年4月1日から平成20年3月31日までに
住宅以外の家屋(事務所や店舗等)を取得した場合の税率は
3.5%になっています。

 

また、登録免許税が
不動産の所有者の移転登記や保存登記、
新築時の表示登記についてかかります。

 

登録免許税の課税額も不動産取得税と同様、
課税標準に一定の税率を掛けて計算しますが、
売買による建物の所有権移転登記の場合は2%、
保存登記の場合は0.4%となっています。

住宅ローンの利用について

住宅ローン利用する際に、
金銭消費貸借契約書に印紙税がかかります。

 

また、金融機関が担保物権に
抵当権を設定する際に登録免許税がかかります。

 

ちなみに、別途司法書士等への報酬がかかります。

 

スポンサーリンク