お尋ねとは?

お尋ねについて@

税務署からの「お尋ね」というのはご存知でしょうか?

 

住宅の取得など不動産を購入すると
数か月から1年後くらいに
「お買いになった資産の買入れ価格などについてのお尋ね」
という書類が届くことがあります。

お尋ねについてA

これがいわゆる「お尋ね」というものなのですが、
法律的に回答しなければならないというものではないのですが、

 

できれば正確に答えられるように、
資金の出所や不動産の名義等については
明らかにしておいた方がよいかと思われます。

なぜ、「お尋ね」が送付されるのか?

税務署から「お尋ね」が送付される理由としては、
隠していた所得で不動産を購入していないかとか、

 

不動産の購入者が、
申告していない贈与資金で
購入していないか等を調査するためです。

 

主なチャックポイントは以下のようなものです。

 

■不動産の名義が資金を出した人と同じ人か
■複数の人が頭金やローンを組んだ際には、その負担割合は正しいか
■収入に比較してローンが多すぎないか
■頭金の額が収入に見合っているか
■収入に比較して不動産の購入価格が高すぎないか

 

なお、相続時精算課税制度の特例を選択したときには
確定申告をする必要がありますが、
この際に「お尋ね」の記載内容と
異なる点がないように記入した方がよいと思われます。

 

スポンサーリンク