マイホームを転勤期間中に賃貸した場合の税金とは

マイホームを転勤期間中に賃貸した場合の税金について

今回は、マイホームを取得したものの
会社からの転勤命令によって、
家族揃って転居することになり、

 

その間、空き家にしておくのももったいないので、
賃貸することにした、
というようなケースについて取り上げます。

さて、自宅を賃貸した場合の税金はどなるのでしょうか?

自宅を賃貸した場合には、
家賃収入が発生しますが、
この収入については、
不動産所得として取り扱われます。

 

不動産所得は、
その不動産を維持するために
かかった経費を控除できますし、

 

またそれが赤字の場合には
他の所得と損益通算できますので、

 

住宅ローンがある状態で、自宅を賃貸すると
税金上有利になることもあると考えられます。

 

なお、住宅ローンの利息については、
経費にできるのは
建物分の利息のみですのでご注意下さい。

不動産を維持するためにかかった経費とは?

次のようなものが
不動産を維持するためにかかった経費として認められています。

 

■固定資産税や都市計画税などのその物件にかかる税金
■修繕費や管理人の人件費などその物件の維持費
■その物件と設備の減価償却費
■物件のために支払っている住宅ローンの利息
■その物件にかかる火災保険料

 

スポンサーリンク