相続時精算課税制度の特例とは?

相続時精算課税制度の特例について@

相続時精算課税制度は、
親が子に贈与する場合には
贈与税が非課税になる制度ですが、

 

その特例の適用を受けた場合には、
3,500万円までの贈与が非課税になります。

相続時精算課税制度の特例についてA

これにより、
2005年末で従来からの
「住宅取得資金等の贈与の特例」
が廃止されていますので注意してください。

相続時精算課税の特例とは?

相続時精算課税の特例では、
20歳以上の子が住宅を取得する目的で
親から住宅資金の贈与を受ける場合、

 

一定の要件を満たしていることを前提に、
3,500万円までの贈与税が非課税になります。

 

なお、3,500万円を超える部分については
一律で20%の贈与税がかかりますが、
これは相続時に精算されます。

相続時精算課税の特例の手続きは?

相続時精算課税の特例を受けるためには、
受贈者である子が贈与を受けた年の
翌年2月1日から3月15日までに
税務署に贈与の届出をする必要があります。

 

ちなみに、一度申告してこの制度を利用すると、
同じ親からのその後の贈与については、
年間110万円の基礎控除が
利用できなくなりますので注意してください。

 

スポンサーリンク