不動産取得税の税額はいくら?

不動産取得税はどのような税金ですか?@

マンションや一戸建てなどの不動産を手に入れたときに、
一度のみ支払う税金が不動産取得税です。

 

そして、不動産取得税は、
マイホームを取得すると
住所地の都道府県から課税されることになります。

不動産取得税はどのような税金ですか?A

実際には、
マイホームを取得後数か月経過すると
納税通知書が送られてきますので、

 

納税通知書に記載されている税額を
期限までに金融機関から支払うことになります。

不動産取得税の税額はいくらくらいなのですか?

不動産取得税の税額は、以下のように計算します。

 

■土地(宅地)
⇒ 固定資産税評価額(課税標準)の1/2×3%

 

■建物(住宅)
⇒ 固定資産税評価額(課税標準)×3%

 

ただし、平成21年3月31日までは、
本来であれば税率が4%なのですが、
標準税率は3%となっています。

 

さらに、建物については、課税標準から
最高1,200万円が控除される特例も設けられています。

 

なお、課税標準になる固定資産税評価額というのは、
土地であれば購入価格の70%ほどで、
建物であればさらに低くなっているケースもありますので、

 

税額控除の結果、
土地と建物両方に税金が課税されないケースもあります。

 

スポンサーリンク