15年の住宅ローン控除とは?

15年の住宅ローン控除とはどのようなものですか?@

15年の住宅ローン控除というのは、
平成19年から登場したものです。

 

これは、税制改正によって
所得税から住民税への税源移譲で
所得税が減額された人を
救済するための措置として設けられました。

15年の住宅ローン控除とはどのようなものですか?A

この15年の住宅ローン控除では、
以下のような控除率となっています。

 

<15年の住宅ローン控除の控除率>
■1年目〜10年目
⇒ 0.6%

 

■11年目〜15年目
⇒ 0.4%

住宅ローンの控除額はどのように算出されるのですか?

住宅ローンの控除額は次のように求めます。

 

⇒ その年の年末借入金残高×控除率

 

なお、返済期間は
短い期間よりも長い期間の方が、

 

また、金利は低いよりも高い方が、
年末借入金残高は多くなりますから、
控除額は多くなります。

 

ただし、
注意しなければならないのは、
その年の所得税が上限になるということです。

 

スポンサーリンク