登記と登録免許税について

土地や建物を登記をするとどうなるのですか?

土地や建物を登記するということは、
公の帳簿である登記簿に、
土地や建物の権利関係を明示することになります。

 

つまり、登記をすることによって、
土地や建物に対する権利が
確実になるということがいえます。

登記をするときに税金はかかるのですか?

登記をするときには、
登録免許税という税金がかかります。

 

なので、取得した住宅を登記するときには、
登録免許税が課税されることになります。

住宅を取得する際の登記にはどのようなものがありますか?

住宅を取得する際の登記には
以下のようなものがあります。

 

■所有権保存登記
所有権保存登記というのは、建物が新築である場合に、
その所有権をはじめて設定する登記です。

 

■所有権移転登記
所有権移転登記というのは、
前の建物・土地の持主から所有権を移す登記です。

 

■抵当権設定登記
抵当権設定登記というのは、住宅ローンを組む際に、
金融機関が担保として設定する登記です。

 

スポンサーリンク