新築物件の不動産取得税の軽減は?

新築物件の不動産取得税の軽減措置はどのようなものですか?

新築住宅の不動産取得税の
軽減措置については、
土地、建物について以下のようになっています。

 

では、具体的にみていきましょう。

土地についてはどうなっているのですか?

土地については、以下のようになっています。

 

<条件>
■土地を取得した後、3年以内に建物を新築するか、
または1年以内にその土地にある建物を取得するなどの条件を満たしていること

 

■建物を新築した後、1年以内にその土地を取得していること

 

<計算式>
■(土地の固定資産税評価額の1/2×3%)−控除額※

 

※以下のどちらか高い方の金額を税額から控除できます。

 

⇒ 45,000円
⇒ 1u当たり土地評価額の1/2×建物の床面積の2倍×3%

建物についてはどうなっているのですか?

建物については、以下のようになっています。

 

<条件>
■床面積が50u以上240u以下(実測面積)

 

<計算式>
■(建物の固定資産税評価額−1,200万円)×3%

 

スポンサーリンク