申込証拠金と交渉預かり金

申込証拠金と交渉預かり金とは?@

物件の購入を申し込む際には、
「申込証拠金」「交渉預かり金」
という名目で、不動産会社に
5〜10万円程度を支払う場合があります。

 

これは買い主の購入意思を示すのと、
購入の順位を確保するために行われます。

申込証拠金と交渉預かり金とは?A

一般的には、何らかの事情で
購入の申し込みを取りやめるときには
返してもらえますが、

 

性格をあいまいにしておくと
後々トラブルになるケースがありますので、
必ず書面で明記しておくことが重要になります。

手付金とは?

手付金は、
売買契約を結ぶときに支払うお金です。

 

手付金は、
契約成立の証拠になるものですが、
一方的に契約を解除する場合には、
支払った手付金を放棄しなければなりません。

 

解約しない場合には、
売買代金の一部に充当されます。

 

また、売り主が不動産会社の場合には、
宅建業法により、手付金の額は
売買代金の20%以内と決められています。

 

さらに、支払う手付金の額が売買代金の10%
(工事中の未完成物件の場合は5%)
または1,000万円を超える場合には、

 

銀行などの金融機関、保証会社等による
保全措置をとることになっています。

 

これで、万一不動産会社が倒産するなどの事故があっても、
銀行などから直接お金を返してもらえますので、
この保全措置に関する書類は
必ず受け取るようにしてください。

 

スポンサーリンク

内金とは?

内金は、売買代金の
一部の前払いの性格を持っていますが、

 

その目的としては、売り主側が、
物件の引渡しなどの契約履行の準備を容易にするために、
買い主側が協力するということがあります。

 

また、一般的には、
内金が支払われれば
履行の着手とみなされることが多いです。

 

なので、売り主側は
一方的な放棄による契約解除はできません。

 

内金なのか手付金なのかというのは、
受け渡しの際に、

 

内金といったか手付金といったかが
一応の基準となりますので、
受け渡しの際にはっきりさせておくことが大切です。

 

スポンサーリンク