登記の手続き、必要書類、費用...

登記手続きは自分でするのですか?@

登記の手続きは、
もちろん自分でもできますが、

 

通常は、司法書士などに
依頼することになるかと思われます。

登記手続きは自分でするのですか?A

新規分譲住宅の場合では、
ほとんどのケースで不動産会社が手配してくれますし、

 

仲介物件の場合でも、
多くは仲介会社と提携する司法書士などに
行ってもらうことになります。

 

なお、登記が済むと権利証が交付されて、
住まいが自分のものとなります。

登記の際の必要書類は?

登記をする際には、
様々な書類が必要になりますが、
自分でないとできないものがある一方で、

 

売り主でないとできないものもありますので、
売り主の協力が不可欠となります。

 

登記の際の必要書類としては、
次のようなものがあります。

 

■権利証 ⇒ 売り主
■委任状 ⇒ 売り主と買い主
※司法書士などに依頼した場合です。

 

■印鑑証明 ⇒ 売り主
■住民票 ⇒ 買い主
■その物件の固定資産税評価額証明書...など

 

スポンサーリンク

購入予定の物件に抵当権が設定されていたら?

購入予定の物件に
抵当権が設定されているときは、

 

売買代金の支払いと同時に
抵当権抹消登記に必要な書類を
売り主から受け取ることになります。

登記の費用は?

登記には、司法書士などに支払う
報酬や実費だけでなく、
登録免許税などの
税金もありますので忘れないようにしたいところです。

 

スポンサーリンク