極度額、根抵当権、空中権とは?

極度額とは?

極度額というのは、
根抵当権によって受ける、
担保的負担の最大限度の額のことをいいます。

 

極度額を定めるには、
債権者と債務者間の
根抵当権設定契約で定められます。

根抵当権とは?

根抵当権というのは、
一定の範囲に属する不特定の債権を、
極度額の限度において
担保する抵当権のことをいいます。

 

なお、通常は、
債権者と債務者間の
取引上の限度額を考慮して定められます。

空中権とは?

空中権というのは、
地下や地上空間の上下の範囲を定めて、
工作物所有の目的に供する地上権のことをいいます。

 

空中権は、空中や地下を利用するので、
地下権と呼ぶこともあります。

 

スポンサーリンク

空中権が設定されるのはどのような場合ですか?

空中権が設定されるのは、
他人の土地に地下鉄を敷設したり、
地上空間に電線を架設したりするような場合です。

空中権の法的性質は?

空中権は、従前は、
賃借権、地上権、地役権の設定によっていたのですが、
必ずしもふさわしくないとこのこで、
昭和41年に新設されました。

 

空中権は、普通の地上権とは
土地利用の範囲が異なるだけで、
法的性質は同じで同じです。

空中権の利用関係は?

また、空中権は、土地利用者との契約で設定されますが、
利用関係はそれによって決まります。

 

なお、すでに、地上権者、賃借人等の
土地使用権利者がいる場合には、
空中権の設定の際には、
これらの者全員の承諾が必要になります。

 

スポンサーリンク