欠損とは?

欠損とは?@

欠損というのは、
剥落や欠けなどと同意語です。

 

外壁の仕上げがタイル張りであったり、モルタル塗りであったりすると、
それらの仕上げの一部分が、躯体コンクリートから剥離して、

 

ついにはそれが落下して、
思いもしない人身事故につながることもあります。

欠損とは?A

特に、次のような場合には、
剥落が起こることが多いです。

 

■大雨や台風の直後
■小規模の地震の後
■気温が急激に変化した翌日など天候が著しく変化したとき...など

欠損の広がりは?

欠損は、
まず庇の先端や軒先、バルコニーの鼻先など、
建物の異形部分に発生します。

 

そして、その次に、
壁や一般部分に広がっていくケースが多いです。

欠損の補修は?

欠損の補修には、
エポキシ樹脂モルタルや
リマーモルタルなどが用いられます。

口入師(くにゅうし)とは?

口入師というのは、周旋業のことをいいます。

 

周旋業は、売買を成約させるため、
売主と買主のそれぞれに口入れをして、
世話をするところから由来しています。

 

スポンサーリンク