保証委託契約、ポジティブ情報とは?

保証委託契約とは?

保証委託契約というのは、
主たる債務者が、

 

保証人に対して
保証を委託する契約のことをいいます。

金融実務上の保証委託契約

債権者と保証人との間の保証契約は、
主たる債務者の委託を受けないでも成立しますが、
委託を受けない保証人の求償権には
制限が加えられます。

 

なので、金融実務では
保証委託契約を結ぶのが普通で、

 

金融機関の支払承諾(債務保証)や
信用保証協会の保証では、
保証委託契約が前提となっています。

委託を受けた保証人の求償権

委託を受けた保証人の求償権には、
制限がありません。

 

よって、主債務者が破産した場合などは、
保証債務履行前でも
求償権(事前求償権)を行使することができます。

 

スポンサーリンク

ポジティブ情報とは?

ポジティブというのは、
明白、積極的、肯定的な状態という意味ですが、
ポジティブ情報といった場合には、
返済事故記録のないクレジット利用情報のことをいいます。

 

なお、ポジティブ情報は、
ホワイト情報とも呼ばれます。

ポジティブ情報の評価

クレジットの返済実績は、
クレジット会社や各業界ごとの
個人信用情報機関に登録されますが、

 

特に、遅滞なく正常に支払いがなされた場合には、
ポジティブ情報として評価され、
次回のクレジット申込時に与信判断上プラスとなります。

 

スポンサーリンク