保証債務、保証会社、機関保証とは?

保証債務とは?

保証債務というのは、
保証人が保証契約に基づいて負担する
債務のことをいいます。

 

具体的には、保証債務は、
主たる債務(被保証債務)と同一の内容の従たる債務で、
主たる債務が履行されない場合に
代わって履行する内容の債務のことです。

保証債務の附従性とは?

保証債務の附従性というのは、
次のような性質のことをいいます。

 

⇒ 保証債務は従たる債務として、主たる債務の発生、移転、消滅に従って発生、移転、消滅し、その目的や態様が主たる債務よりも重いときは、主たる債務の限度に縮減される。

保証会社とは?

保証会社というのは、
保証業務を専門に行う機関のことをいいます。

 

この保証会社は、
銀行や生命保険会社の子会社が多いです。

保証会社による保証の増加

金融機関が積極的に
個人金融・消費者金融分野へ進出するのに伴い、
その債務保証を主たる業務とする
保証会社による保証が増えてきています。

 

これは、主に住宅ローンや
消費者ローンの保証が中心となってます。

機関保証とは?

保証会社による保証を、
従来の個人による保証に対して機関保証といいます。

 

スポンサーリンク