保証業務、保証契約、保証債権とは?

保証業務とは?

保証業務というのは、
一般に、信用保証協会や保証会社が行う

 

金融債務のための
信用補完業務のことをいいます。

信用保証協会や保証会社の主たる業務は?

信用保証協会や保証会社は、
金融機関の融資を受けようとする
企業や個人の信用を補完するため、

 

その保証委託に基づいて
借入債務の保証をすることを主な業務としています。

 

ちなみに、保証業務は、
金融機関やクレジット会社でも行っていて、
銀行では支払承諾または債務保証と呼んでいます。

 

なお、この保証の対価として保証料を徴収します。

保証契約とは?

保証契約というのは、
保証人が債権者に対し
保証債務を負担すること約する契約のことをいいます。

 

スポンサーリンク

金融実務における保証契約

保証契約は、
主たる債務者の委託がなくても成立します。

 

しかしながら、金融実務では、
保証人と主たる債務者とが
署名(連署)した保証契約書(保証約定書)を取り受け、
主たる債務者の意思を明確にしています。

保証債権とは?

保証債権というのは、
保証人の保証債務を、
債権者の立場からみた場合にいいます。

 

また、信販会社などが、
保証ローンの形で保有している債権を指す場合もあります。

 

ちなみに、この場合の債権は、
そのまま生命保険会社など
保証先に対する債務になりますので、
保証債権=保証債務と考えてよいといえます。

 

スポンサーリンク