本人確認法の対象は?

本人確認法とは?@

本人確認法は、
2002年4月26日に公布され、
2003年1月6日に施行されていますが、

 

正式には
「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」
といいます。

本人確認法とは?A

この法律は、
テロ資金供与防止条約を受けて、
金融機関等の顧客の
本人確認義務と取引記録の保存義務を規定しています。

本人確認法の作成・保存義務

本人確認法では、
金融業務にかかる取引においては、
1万円以下の少額取引を除き、
取引記録の作成・保存が義務づけられています。

 

スポンサーリンク

本人確認法の対象は?

本人確認法では、
主として次のものが対象となっています。

 

■継続的な取引関係の開始
預貯金口座の開設や有価証券の取得をはじめ、
貯蓄性のある保険契約の締結、金銭の貸付、
貸金庫の貸与などが該当します。

 

■200万円以上の単発取引

 

■本人特定事項に疑いのある顧客との取引
取引の種類や金額に関係なく、本人確認が必要とされます。

本人確認法における本人確認とは?

本人確認法では、本人確認に際しては、
次のようなことを担保するために、

 

運転免許証や健康保険証などにより
本人の特定事項を確認し、
記録しなければならないことになっています。

 

■取引名義人が実在するか
■取引申込者が取引名義人と同一か

 

スポンサーリンク