本人確認法とクレジットカード

口座振替取引の本人確認方法は?

本人確認法では、
クレジットカードなど
口座振替を利用する取引については、

 

口座を開設した銀行等が、
その顧客の本人確認を行ったこと確認します。

本人確認法とクレジットカード

クレジットカードの新規発行時にも
本人確認が義務化されますが、

 

口座開設時に、銀行など金融機関が
顧客の本人確認を行っていたことを確認すれば、
カード会社は
改めて本人確認をする必要はありません。

本人確認法と提携ローン

本人確認法では、
物品やサービス購入などの提携ローンについては、

 

犯罪によって得た収益を隠すマネーロンダリング(資金洗浄)
に利用されるおそれがないことから、
本人確認の対象から除かれています。

 

スポンサーリンク

対面取引の本人確認方法は?

本人確認法では、
店頭など対面で行う取引については、
運転免許証など第三者が入手できない証明書は、
その指示を受けることになっています。

 

また、住民票など第三者も入手できるものについては、
証明書記載の住所に
通帳などの文書を書留郵便で送付します。

非対面取引の本人確認方法は?

本人確認法では、
インターネットなど非対面で行う取引については、
証明書の現物またはコピーの送付を受け、
そこに記載された住所に文書などを書留郵便で送付します。

マーチャンダイジングとは?

マーチャンダイジングというのは、
流通業者のマーケティング活動の1つです。

 

具体的には、
適正な販売数量・価格・時期などを検討して、
商品を市場に流すことをいいます。

マインドシェアとは?

マインドシェアというのは、
消費者の購入予定までを組み入れた
商品の販売予定の割合のことをいいます。

 

わかりやすくいうと、
商品に対する消費者の知名度シェアといえます。

 

スポンサーリンク